婚活ミカ

【フリータイムでぼっちになったら】
手段3. 自分から男性に声をかける

フリータイムで誰からも声が掛からないなら、
もういっそのこと自分から逆アプローチ。

あまっている男性陣もいると思うので、
その人たちに自分から話しかけてみましょう。

禁断の逆アプローチ

お見合いパーティーのフリータイムでは、
男性が女性を選ぶという不文律があります。
女性はおとなしく席に座って待つのが暗黙の了解事項。

しかしもし誰からも声がかからないなら、
もういっそこと自分からアプローチしてみましょう。

フリータイムであぶれるのは女性だけではありません。
男性参加でもあぶれている人が何人かいます。
奥手で自分から女性に声を掛けられない人であったり、
お目当ての人が見つからないので戦意喪失状態の人だったり、
お目当ての女性を別の男に先を越されたので待機してる人だったり。

自分の席に座ってる人もいれば、
会場の隅で同じような境遇の者同士固まっている人もいます。

こうした男性に自分から逆アプローチです。
暗黙の了解なんてしょせん暗黙の了解です。
女性から声を掛けるのは全然問題ありません。

もし第一印象で自分がいいなと思っていた男性があぶれてたら、
一番のターゲットはもちろんその人になります。

第二のターゲットはひとりでいる男性。
席が近い人も話し掛けやすいです。
隅で複数で固まってる集団に話しかけるのは勇気がいります。
たくさんの好奇の目にさらされますから。

会話は2段構えで

「お話ししたいんですけど、よろしいですか?」
そうやって話しかければOK。
あとは普通のフリータイムです。
女性側から声を掛けたというだけ。

趣味の話でも休日の過ごし方でも何でも自由に話せばいいです。

しかし逆アプローチだけに、
相手がノリ気ではないケースも出てきます。

そんなとき私は情報交換タイムに切り替えます。
その人とカップルになるのはあきらめ、
婚活についての情報を交換する時間にしてしまいます。
相手がノリ気でない場合はこれが一番。
無理押ししても望みは薄いです。
ならば時間を有効に使わないと。

他のお見合いパーティーの様子を教えてもらったり、
私が参加したことのあるパーティーとか街コンのことを教えてあげたり。

また、自分の方がノリ気ではない場合もありますよね。
ぼっち回避だけのために手近な男性に声を掛けたときなど。
そういうときも情報交換に徹します。
相手の趣味とかにも興味ないので。